1999 年 8 月23日
303号

 

 未登録・放置自転車を整理します
登録シール貼ってありますか?あなたの自転車

 99年度未登録の自転車・バイクを対象に、9月5日()午前10時から一斉整理を行います。

自転車の99年度登録が実施されて間もなく2か月になります。広報アゼリア第301号でお知らせしてありますように、自転車の登録は各自転車の持ち主を明らかにするとともに不用自転車の廃棄を促進して、より広い駐輪スペースを確保しようとする」ことを目的とし実施されました。7月30日現在登録申請台数は3796台となっております。しかし、各駐輪場に 
 はまだ登録シールが貼られていない自転車・バイクが多くみられ、駐輪スペースをふさいでいます。今回の一斉整理は、登録していない(登録シールを貼っていない)自転車・バイクを、所有者不在・放置された不用なものとして整理するものです。

 廃棄自転車には乗らないでください。警察より職務質問を受ける場合があります。
 
 

      あなたのベランダは大丈夫?
      隔壁ボード付近は空けておきましょう

 ベランダは各戸で専用使用できる部分ですが、非常時には隣家との間の隔壁ボードを蹴破って脱出する通路となります。隔壁ボード付近にミニ物置や植木鉢などを置くのはやめましょう。

 隔壁ボード付近を塞いで非常時の脱出を阻害している場合は、過失責任を問われることがあります。
 

    住まいの改造はルールを守って

 日常のくらしをより快適にするために、また古いもの、壊れたものを交換するために、住まいの改造を行うことがあります。私たちの生活する集合住宅でも、カーテンを取り替えて採光や保温をより良くしたり、古くなった畳を替えたりすることがあります。住まいの改造はどこまで許されているのでしょうか?

集合住宅では、共同の利益を守るために多くの制限が加えられています。

私たちの団地では、住宅の改造、模様替え、修繕などに関して守るべき事項を定めた組合規約「住宅の改造、模様替えおよび修繕等に関する協定」というルールがあります。また、平成10年1月にみなさんに配布した小冊子「生活のしおり」にも詳しく記載されています。住まいの改造にあたっては、私たちが自ら定めたルールを守りましょう。

 やってよい改造

1.畳・障子・ジュータン・ふすま・カーテンレールなどのインテリア工事

2.流し台・衛生陶器・風呂桶・換気扇などの交換

3.簡単な吊戸棚の取付け・クロスの張替え・浴室のタイル(床を除く)の張替え

4.電力容量(アンペア)の変更

管理組合の承認を要する改造

承認されない改造

○ 建物の強度に影響を及ぼす改造(例えばコンクリートに穴をあけたり、切り、欠きする改造)

○ 共有部分の改造(例えばベランダの改装・出窓の新築・1階床下や1階ベランダ下を利用する改造)
  なお、「改造」ではないものの住まいを「居住用」以外の用途に使用すること(例えば機械を据え付けて物を製造したり印刷したりすること・飲食店を営業することなど)は、組合規約「共同生活の秩序維持に関する協定」により禁止されています。

 以上住まいの改造について簡単にこの団地のルールを説明しました。詳細は「組合規約集」および「生活のしおり」をお読みください。

 

管理組合・自治会のホームページをリニューアルしました。感想をお寄せください。http://www.din.or.jp/~tutuji/

戻る