2000 年 1月25日 22号

 30日(日)10:30から雨天決行
特別企画クイズ大会 あなたは分別の達人になれるか
 2000年ってなにがめでたいのかよくわかりませんが、とにかく正月はおめでたい。そして正月といえば、やっぱりもちつきですね。なが〜く伸びるおもちを食べて、長寿を願いましょう。ひょっとすると2100年を迎える子もいるかもしれません。もちつき大会の主役はあなた。そう、お父さんです。つき手ととり手の息のあった掛け声と動作が見ている人まであつくしていきます。翌日は、からだ中が痛いかもしれませんけどね。
 また、おもちを待っている寒さを吹き飛ばすためにクイズ大会も実施。易しい問題から難問まで、みなさんはいくつクリアできるでしょうか。分別の達人を目指せ!

                 *食品の管理には十分な配慮をします
           *ゴミを減らすために、お椀とお箸をご持参ください


ウィズ・ユース 新春たこあげ大

おーい風よ 吹いてくれぇ
 1月16日(日)にウィズ・ユース主催のたこあげ大会がメッセ昭島北側の原っぱで開かれました。朝のうちは冷たい北風が吹いていましたが、開会式の頃から徐々に弱まり、子どもたちが前日に北小で作ったオリジナルたこはなかなか空に舞い上がりません。何度も走ってみますが、いい風をつかまえることは難しかったようです。そんな中で目を引いたのがリトル・イーグルス(少年野球)の連だこ。天まで届くように願って子どもたちが1枚ずつ作った32枚のたこをつなげたもの。龍のように力強く飛んでいました。お昼にはけんちん汁が振る舞われ、おなかの中からあたたまりました。

たこあげは...
  * いっぱい走って疲れちゃった
(和田さん・13号棟)
  * 少しあがった。面白かった(白田さん・17号棟)
  * ポケモンのたこがすごくあがった(佐藤君・16号棟)
  * たこあげは、体力ですね(徳持君・16号棟)
  * 最後にはあがってくれたから満足(教頭先生)
けんちん汁は...
  * なかなかのお味で...
(芦川君・23号棟)
  * おいしかった(川田さん・17号棟)
  * 熱いけど、うまいっ!(最上君・14号棟)



ゴミの出し方が変わります
5分別から7分別へ
 2月から7分別収集が始まります。 “7分別”という言葉がとっつきにくいですよね。従来は5分別。それを紙とプラスチックのリサイクルを本格化することにより、紙は可燃ゴミに入れない、プラスチックは不燃ゴミに混ぜないことにして、5から7にするということです。詳細は、昭島市の広報や管理組合の『広報アゼリア』をご覧ください。

ゴミの減量は時代の要請
 
燃やすゴミも燃やさないゴミも行き着く先は山の中の最終処分場です。2000年となろうが、今までに捨ててきたゴミは消えてなくなりません。最終処分場が満杯になれば、またどこかの森を切り開き、生き物たちを追いやってゴミ捨て場を作らなければならないのです。大気汚染や温暖化を防ぐことも含めて自然環境を守るためには、わたしたちが出すゴミの量を少しでも減らし、可能な限りリサイクルを進めることが求められるというわけです。
おカネじゃない、知恵と工夫で
 リサイクルのためとはいうものの、可燃ゴミを出せるのが週に2回となるのは不便ですね。だからといって、コンテナに曜日にかかわらずにゴミ袋を放り込むのはやめましょう。ネコやカラスに食い散らかされるだけです。片づけるのはあなたですか? 結局のところ、ゴミにならない買い物を心がけ、月・木曜日までは各戸でしまい方を工夫することになるでしょう。また、紙もすべてがリサイクルに回せるのではありません。これがまた難しい。説明書を読んでもわからない、絵を見ても実際に作業するとなると迷ってしまいます。じゃあどうすればいいの? といわれても困ってしまいます。時間はかかるでしょうが、少しずつでも正しい分け方を覚えていくよりほかありません。みなさんの職場や学校でもリサイクルの取り組みがなされているでしょう。そこで仕入れた知識をお子さんやご近所にお伝えください。目で見て、耳で聞くのが覚えるには早いでしょうから。
やってやろうじゃないの
 また、頼もしい助っ人のみなさんも決まりました。分別の難しさは市の環境部でも承知の様子。昭島市長の委嘱を受けた当団地(12〜25号棟)担当の4名の「分別収集推進指導員」が、分別や収集方法の変更に対応できるように指導してくださいます。収集方法の変更でわたしたちは迷惑を被るのではありません。環境保全に貢献できると前向きに考えましょう。「環境保全に貢献できるんだから、やってやろうじゃないの」と前向きに考えたらいかがでしょうか。

 

昭島市分別収集指導員のみなさん
つつじが丘北地区担当
    本間温子さん(13−101)
    池田耕治さん(15−102)
    小林徳春さん(22−710)
    山口東さん(中神1137−35)


  ■
アゼリア子供会による資源回収が2月6日(日)に行われます。ご協力ください。

      サークル紹介
F.C.ゴロアーズ OBクラブ
 
 当クラブは、つつじが丘北小学校で活動中のFCゴロアーズサッカークラブ及び、瑞雲中学校サッカークラブの経験者を中心としたサッカークラブで、青少年の健全な育成を念頭に発足し、創部3年目を迎えました。
 現在メンバーは、18歳19歳を中心とする中学生から社会人総勢22名で構成し、公式戦は昭島市市民大会に3年連続参加を果たし、初年度はベスト3に入賞しました。来年度からは今までの実績を認められ、昭島市のリーグ戦にも参加することになりました。青少年の日頃の運動不足解消、ストレス発散のため、年間を通じて活動していますが、FCゴロアーズの土曜日の午後練習にも参加し、技術指導、高学年との練習試合も行っています。髪の毛を染めた選手も中にはいますが、皆サッカーが大好きな素直な若者ばかりですので、今後とも温かい目で彼らを見守っていただければ幸いです。
 来年度から参戦するリーグ戦ですが、年間を通じて選手を確保することが難しいことが予想され、現在メンバーを募集中です。サッカー経験者、未経験者を問わずサッカーが大好きな人であれば誰でも入部できますので、是非下記連絡先までご一報下さい。
               監 督 :大久保誠司 12号棟
             キャプテン:鷲崎しんじ  3号棟

戻る