2000 年10月30日 35号

 ジャスコ出店計画に対する意見書を、都・市・昭島警察署に提出

アゼリア自治会は、ジャスコ出店計画に対する東京都への意見提出期限を間近に控えた10月18日、これまで様々な機会に述べてきた意見やみなさんから寄せられた要望、意見を総合的にまとめ、この団地を代表する組織である昭島つつじが丘ハイツ北住宅団地管理組合、昭島市自治会連合会第19ブロック、アゼリア自治会の各代表者連名で以下のような意見書を東京都知事宛に提出し、併せて、市、警察からの東京都知事宛意見書に地元の意見を反映させるべく、同様の意見書を昭島市長、昭島警察署長にも提出しました。

――――――――東京都知事宛意見書――――――――

平成12年7月5日付第12266号で公告された大規模小売店設置については下記の通り意見を述べます。

1.大規模小売店舗名      ジャスコ昭島店
2.所在地           東京都昭島市大神町字古新田889番2外筆
3.意見の内容
本開発計画は、多くの問題点を未解決のまま、見切り申請していると断ぜざるを得ず、万一 この計画が申請通りに認可されるような事態になった場合には、地域住民にとって極めて重大なる悪影響が予測されます。
とりわけ周辺交通渋滞の解消策、学校通りの帰宅ルート設定解除、営業時間の短縮等について、適切なる行政指導がないまま計画が進行いたしますと、地域住民(1,397世帯、人口約4,500人)は、挙って立ち上がる決意であります。
貴職におかれましては、本計画の問題点を良識を持ってご賢察し、さらに地域住民の切実な声にも耳を傾けられ、住民が納得し得る勧告を出されるようお願いいたします。
4.理由            別紙をご参照ください。
5.説明            別紙をご参照ください。

――――――――昭島市長宛意見書(前文)―――――――――

 頭書の件について、住民を代表して別紙の通り意見書を提出します。
本開発計画は、多くの問題点を未解決のまま、見切り申請いたしており、万一この計画がこのまま進行する様なことになった場合には、昭島市交通行政の汚点として、将来に亘り大きな禍根を残すこととなるものと思います。
この意味からも、私たち地域住民の要望を真剣にかつ前向きに検討されます様よろしくお願いいたします。

―――――――昭島警察署長宛意見書(前文)――――――――

 頭書の件について、住民を代表して別紙の通り意見書を提出します。
本開発計画は、多くの問題点を未解決のまま、見切り申請いたしており、万一この計画が適切なる対策のないまま、このまま進行する様なことになった場合には、昭島市内交通行政の汚点として、将来に亘り大きな禍根を残すこととなるものと思います。
この意味からも、私たち地域住民の要望を真剣にかつ前向きに検討されます様よろしくお願いいたします。

 

==========意見書の本文(別紙)===========

平和不動産兜タびにジャスコ鰍ェ計画している本開発計画は、下記の通りの問題の多い計画であり、地域住民にとって到底容認しがたい計画と言わざるを得ず、出店の取り止め乃至は抜本的な計画の修正を求め意見書を提出いたします。
私たち地域住民の切なる声に耳を傾けられ、地域住民を十分説得し得る行政指導をされます様お願いいたします。

1.本開発計画は、大規模小売店舗立地法の制定理念である、大型商業施設立地に伴う交通渋滞、騒音、廃棄物等の周辺生活環境への影響を緩和し、大型小売店と地域社会との融和を図る制度として、開発業者が配慮すべき事項を中心に定められた法に明らかに違背しています。
何となれば、本計画は法の求める環境への影響緩和策について、具体的な提言は一切ありません。

2.また、本計画は、昭島市環境基本条例にいうところの事業活動に伴って発生する公害を防止し、自然環境を適正に保全する等の事業者の責務を蔑ろにしており、地域内新規進出企業として、この問題について何等対策を立てない姿勢は極めて遺憾であると言わざるを得ません。

3.大規模開発とりわけ大規模小売店舗の進出地域については、開発に伴う発生集中交通量の予測、既存の交通施設への影響等交通対策の立案の必要から策定された建設省の「大規模開発地区関連交通計画マニュアル」「大規模小売店舗立地法に伴う環境対策ガイドライン」に基づいて出店計画は立てられるべきところ、本計画はこれらを軽視していると断ぜざるを得ません。地域住民は、挙ってこの杜撰極まりない計画の見直しを求めます。

4.交通問題については、渋滞解消策に全く触れておらず、本計画には、開発業者の誠意の一片をも感じられない。猛省を促したい。

(1)都道162号線(通称諏訪・松中通り)は、昭島市を南北に縦断する幹線道路で、現在でも常に渋滞しており、然かも大型車両の通行も頻繁で、地域住民は日常生活に大きな影響を受けております。このような状況の中、更にジャスコ来場車が増加し、同一敷地に建設の長谷工マンション527戸、三井不動産戸建住宅50戸、開発計画が噂されるレナウン跡地マンション500戸等の車両増加を考える時、片道1車線の本計画地は渋滞が慢性化し、手の打ちようがなくなることは、目に見えております。

(2)本来大規模開発に伴う交通問題は、広域に検討すべきものにも拘わらず、開発計画地周辺のみに限定している本計画には頷けない。
100歩譲って周辺地に限っても、計画地東側道路は、狭く、一方通行道路も多くしかも、大半が歩道無しで、児童、生徒の通学路の危険は計り知れない。
その上、ジャスコ出店により交通量が飛躍的に増加した時の危険度は更に増します。

(3)計画地西側つつじが丘北小学校・瑞雲中学校とつつじが丘北住宅団地の間の市道北147号線(学校通り)を計画では、帰宅ルートとして申請している事に断固抗議いたします。
この道路は、つつじが丘北団地住民の生活道路、通学路であり、私たち住民が公団分譲の際、住民の犠牲と費用負担にて、昭和58年2月7日付け3,371.51uを市役所に上地したものであり、住民感情は今でもこの土地は自分達のものとの気持ちが強い土地であります。
この土地を帰宅ルートとする企業エゴむき出し、利益追求の為なら児童・生徒の命をも奪いかねない計画を平気で申請する確信犯ジャスコは許せません。計画の撤回を要求します。と同時に、この道路の両側が違法駐車の車両で行列になる恐れが予測されますので、見通しの悪い車両間からの飛び出し重大事故が起きない様安全対策を望みます。

(4)変則四叉路であるつつじが丘交差点および瑞雲中学校交差点は、松中通り、レナウン通りから朝日町方面への車両で慢性的に渋滞しており、現在でもその滞留長は、松中橋、天王橋付近に至っている。
また、北方向行き車両は、朝日町交差点まで続き、計画地での右折進入など全くもってナンセンスな計画である。

(5)本来、建設省ガイドラインでは、原則として幹線道路には、直接出入り口を設けないとしており、本計画は明らかにこの指導を無視している。
また、取り付け道路についても、交差点との距離に配慮すべきところこれさえも、蔑ろにしており、路上滞留(待ち行列)が予測されるにも拘らず引き込み滞留車線設置等の対策を講じていない。誠に遺憾である。

(6)駐車場の規模について、ガイドラインは、駐車需要(特にピーク時)に対して充分に収容出来るよう計画されるべきとされているにも拘らず、ジャスコ褐v画は、自動車来場者予想を昭島駅前の大型商業施設エスパと同率としており、これは、明らかに過少見積りと言わざるを得ず、このままでは、周辺交通渋滞に拍車が掛かることは目に見えております。

(7)歩行者、自転車のための地区内および周辺道路の歩道の確保について、来場者の安全の見地から、当然のことながら対策を立てるべきである。また、松中通り横断対策もないことは、昭島駅方面、つつじが丘団地からの歩行者安全軽視と言わざるを得ない。

5.大気汚染・騒音について

(1)交通量増大と交通渋滞アイドリングに伴って、大量に排出されるNoxによって地域環境が著しく悪化するものと予測されます。
校庭で遊び、運動するつつじが丘北小学校、瑞雲中学校の児童・生徒の健康被害が心配で仕方がありません。
また、市道37号線(西武立川西〜パットパットゴルフ)開通に伴い、大型車両が市道16号、146号を経由して団地内に乗り入れされており、団地周辺では、既に大気汚染の進行が懸念されています。これ以上の汚染が進み環境庁の安全基準を上回る様なことになったら大変です。

(2)騒音も気掛かりの一つです。自動車騒音のみならず、宣伝スピーカーを使っての営業は自粛を求めます。出店を認めたわけではありませんが、工事中杭打ち等で発生する騒音についても、周辺住民に配慮し、休日工事は回避する様求めます。

6.営業時間について

開店午前8時から閉店午前0時、駐車場利用午前7時から翌午前1時、荷捌き施設午前0時から午後12時までとしているが、これは、真に終日営業そのものであり、自動車公害の撒き散らしであり、到底容認は出来ない。
ゲームセンター設置の噂もあり、また深夜営業は周辺環境に著しい変化をもたらし、青少年の健全育成の上からも問題があるので、営業時間は周辺大型店と同様午前10時から午後9時が妥協し得る限界と考える。
将来良質な消費者たり得る周辺住民と敵対してまでも、長時間営業で飽くまでも利益追求に走るのであれば、私たち住民は結束してジャスコの経営姿勢を糾弾しなければならないと考える。再考を促したい。
以上

 なお、意見書提出に先立つ10月4日には、関係する地域の自治連ブロック、自治会、子供会等の代表と市の関係行政部署の代表者による話合いが行われました。正式な議事録は出ていませんが、出席者の報告を自治会のホームページ( http://www.din.or.jp/~tutuji)に掲載しておりますご覧ください。なお、北小の会は10月23日に東京都知事宛意見書を提出しており、また、交通安全協会つつじが丘支部も、意見書の提出を図るべく内部で意見の取りまとめをすすめているようです。

戻る