第53号 2001 年10月 22日

「ジャスコ昭島店」説明会

団地内進入車輌の増加 危険性大

駐車場不足・渋滞問題は解決せず

10月8日(月)午後7時より9時まで、公民館学習室にて、イオン株式会社(以下、ジャスコ)と平和不動産株式会社の主催によるジャスコ昭島店の出店についての説明会が開かれました。参加したのは各自治会・管理組合など、建設予定地周辺の住民組織の代表者です。

<東京都の意見に対するジャスコの対応とその問題点のまとめ>

なお、工事は来月より始まる予定となっています。以下、説明会の概要を掲載します。

ジャスコ:ジャスコ昭島店出店にあたり、2月20日付で東京都より意見が出たので、7ヶ月ほど改善策を東京都・昭島市・警視庁など関係諸機関と調整した。変更部分について説明する。

<東京都の意見(本紙第41号に掲載)に対する回答>

1 駐車場
東京都の意見を受けて改めて算出した。694台〜1177台を必要かつ適切な駐車台数と考える。ダイエー武蔵村山店の調査データを参考にしている。

2 駐車場出入口
諏訪松中通りに面した「つつじが丘団地」交差点に近い出入口を廃止する。

3 帰宅経路の設定について
「つつじが丘団地」交差点を5叉路化して、北方面へ帰宅させる。

4 騒音の予測
立体駐車場の5階部分を地下に移す。
騒音・振動等の抑制:低騒音型機材の使用

<昭島市並びに地元住民の意見(本紙第35・36号)に対する回答>

1 営業時間について
開店時間を9時、閉店時間を午後10時とした。

4 荷さばきの時間帯について
午前6時から午後11時までとする。

6 ゲームコーナーの機器および種類について
幼児を対象とし、青少年のたまり場にはならない。

7大気汚染の予測および評価について
アイドリングストップを徹底する。
お客様にもアイドリングストップに協力していただくため、看板を設置する。保冷車用の特別電源を用意する。

<建築概要の説明>

予定工期:11月中旬から解体 2月から10カ月
作業時間:午前8時から午後6時まで
学童および通行人の安全対策:誘導員を配置

<おもな質疑応答> 

◆駐車台数の確保について
五十嵐(自治連19ブロック長):ジャスコが予定している駐車台数は合理的な数字ではない。ダイエー武蔵村山店との比較は、根拠がなく無意味である。渋滞問題の発生、不法駐車の発生を招く。地下駐車場の増設と5階駐車場の削減の理由をあげよ。

A:立地法で求められている駐車台数を確保する必要はないというジャスコの主張の根拠としてダイエー武蔵村山店の利用実態をあげている。不法駐車は昭島警察署に対応してもらうしかない。駐車場の地下化は、騒音・大気汚染対策として有効。屋上緑化を求める条例対策。日影規制対策でもある。

◆団地内(学校前意)への車輌進入について
佐藤(北小の会会長):交差点改良(五叉路)は可能なのか。

A:警視庁の示唆を受け、昭島市に打診している。

佐藤:新設道路(東)から北小正門方向(西)への直進は可能か。直進車輌が北小・瑞雲中学前に入ってくることが懸念される。

A:直進については、ジャスコが申し出る事項ではない。直進禁止の地元意見を役所に伝える。

◆渋滞について
Q:松中通り側をセットバックして道路を拡幅し、渋滞緩和せよ。

A:民間事業所への入庫専用レーンの設置は警視庁が認めない。

宮田(管理組合理事長):瑞雲中学交差点での南からの右折車両対策は?

A:右折レーンが約10台分。警察とも協議中。信号の改良が行われる。右折誘導の看板も設置する。

◆路上駐車について
宮田:搬入車輌が入りきらずに、近隣での路上駐車をする恐れはないのか。

A:搬入車輌は、場内ですべて対応できる。

◆学校への影響について
宮田:北小校庭の冬期凍結対策は?

A:凍結対策は今のところ未検討。

◆営業時間について
Q:営業時間が長すぎる。周辺他店より長い。荷さばき時間も加わる。10時から21時でよい。開いているから客が来るだけ。他店も営業時間を長くする可能性があり、そうなれば環境が悪化する。他店にあわせるべきではないか。

A:ニーズがあるから営業する。食品コーナーのみを午後10時までとし、屋上駐車場は使用しない。

◆交渉の継続について
Q:オープン後に本日と同様の交渉できるか。

A:届け出が通ったら、交渉できない。

Q:ジャスコと地域住民で定期的に開催する協議会を設立して、今後とも意見交換していきたいが。

A:中身と内容を検討させていただく。資料は公示されるし、インターネットによる公開もしている。

戻る