第62号 2002 年 3月28日

資源回収を自治会でも実施します
〜毎月回収! 次回は4月7日〜

 当団地では今まで資源回収はアゼリア子ども会だけが行っており、今年度(平成13年度)は年9回実施いたしました。ところで、近年少子化などにより子ども会は急激な会員減少にあり、資源回収の回数を減らしたいという要望がありました。一方、団地全体としては、4月からの「家庭ごみの有料化」もあり、ごみの減量と資源化は各ご家庭のごみ袋購入費を減らすためにも大切な取り組み課題となりました。

自治会では、子ども会とともに検討と話し合いを重ねた結果、北住宅として年12回毎月実施することになりました。そのうち、従来どおり子ども会による回収が6回、自治会が窓口になり号棟委員やシニアクラブなどのサークルの協力を得て実施するのが6回です。それにともない、少人数でも作業ができるように回収の方法を見直して、下記のようにしました。戸惑うことも多いかと存じますが改善しながら進めていきたいと存じます。ご協力をお願いいたします。

 ●回収日は、1月が第2日曜日、他の月は第1日曜日とします。
  (平成14年:4月7日、5月5日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日、10月6日、11月3日、12月1日、平成15年:1月12日、2月2日、3月2日となります。)

 ●住民の方へは自治会広報または掲示板でその都度回収日をお知らせします。
  (チラシの全戸配布はいたしません。)

 ●回収するものはこれまでと同じです。置き場所は指示にご協力ください。
  (お身体のご事情などでどうしても1階の置き場所まで運べない方は、運べない旨とご事情を併記した書面を平成14年4月5日までに管理事務所までご提出ください。玄関前に回収に伺います。)

 ●回収日には、朝9時30分までに各棟北側の指定の置き場所に出してください。詳細な置き場所は指示にご協力ください。
 (お身体のご事情などでどうしても1階の置き場所まで運べない旨届け出られている方は、ご自宅の玄関前に出してください。)

 ●回収するものはこれまでと同じです。
  ★新聞(チラシも可)→崩れないようにひもでしっかりしばってください
  ★雑誌、本(書類も可)→崩れないようにひもでしっかりしばってください
  ★ダンボール→バラバラにならないようにひもでしっかりしばってください
  ★古布→ビニール袋に入れ雨水などが入らないように口を強くしばってください
  ★びん→酒びん、ビールびんだけが回収対象です
  ★アルミ缶(スチール缶は回収してません)→家庭でつぶしてください

 ●回収後にアルミ缶のつぶし直しをいたしません。ご家庭でつぶして出されるよう一層のご協力をお願いいたします。

管理組合のホームページとメールアドレスが変わりました

ホームページのURL http://tutuji.net  メールアドレス info@tutuji.net


春の全国交通安全運動

「おもいやり 人に車に この街に」
                  期間:4月6日(日)〜4月15日(日)

 4月6日(日)から15日(火)までの10日間、「春の全国交通安全運動」が行われます。
 運動の重点は★子どもと高齢者の交通事故防止 ★二輪車・自転車の交通事故防止 ★飲酒運転等悪質・危険な運転の追放 ★シートベルト・チャイルドシート着用の徹底 です。

 春の全国交通安全運動の期間は、入園・入学シーズンであり子ども達にとっては新しい生活を始める最初の月となります。皆さん一人ひとりが交通ルールを守り、交通マナーを実践することにより交通事故から大切な子ども達を守りましょう。交通事故は誰もがいつ加害者、被害者になるかもしれません。日常から一人ひとりがお互いに注意し、交通事故が1件でも少なくなるよう交通事故防止に努めましょう。

 ちなみに、平成13年中に昭島市内で発生した人身にかかわる交通事故は868件で、その被害者は1027名、重大事故の犠牲者は5名で、高齢者の事故が増加する傾向にあります。

アゼリア自治会では昭島警察署や昭島市交通安全協会などの協力をいただいて、交通安全運動期間前から期間中にかけて次の行事を予定しております。皆さんのご協力、ご参加をお願いいたします。

  4月2日(火)、交通安全講習会を開催いたします

●「春の全国交通安全運動」啓発ポスターの掲示、のぼりによる交通安全の呼びかけ

4月2日(火) 交通安全講習会 午後7時〜8時半ころまで 16号棟第1集会所洋室
  (表彰講習カードをお持ちの方はご持参のうえお集まりください。)

 ●4月8日(月) つつじが丘北小新入学児童横断歩行訓練 午前9時40分〜10時30分

●団地周辺での街頭交通安全指導ならびに協力のお願い(安全運動期間中)

★参考:平成13年中の交通事故の発生状況(警視庁交通部資料より抜粋)

全国交通事故死者年別推移

年別

平成6年

平成7年

平成8年

平成9年

平成10年

平成11年

平成12年

平成13年

死者数

10,649

10,679

9,942

9,640

9,211

9,006

9,066

8,747

都内における死者数・負傷者数の年別推移(平成13年は概数)

年別

平成6年

平成7年

平成8年

平成9年

平成10年

平成11年

平成12年

平成13年

死者数

435

429

383

378

371

398

413

359

負傷者数

63,326

67,756

69,087

72,681

74,169

86,058

105,078

103,227

都内における年齢別死者数(平成13年の死者359人の内訳)

年齢別

子ども

若年層

25-29歳

30歳代

40歳代

50歳代

60-64歳

高齢者

人数

12

67

36

48

27

46

22

101

割合

3.4%

18.7%

10.0%

13.4%

7.5%

12.8%

6.1%

28.1%

自転車の交通ルール(7回目)

自転車は免許の要らない乗り物ですが、法律【道路交通法(以下「法」という)】では軽車両として扱われ、交通ルールを守らなければ交通違反になります。

@道路の左側を走る      C歩行者の安全      F酒気帯び運転等の禁止

  A信号や標識に従って走る   Dライトの点灯      G二人乗り、積載制限違反

  B右折と左折の方法      E手放し運転等の禁止

〜自転車の交通ルール。7回目は「F酒気帯び運転等の禁止」です。

F酒気帯び運転等の禁止

 何人も酒気を帯びて自転車を運転してはいけません。

 ★2年以下の懲役又は10万円以下の罰金(法117条2項1号)


戻る