選挙管理委員会細則

総  則

第1条 昭島つつじが丘ハイツ北住宅団地管理組合 (以下「組合」という)規約第33条1項

   に基づき、当組合役員の選出機関設立のために本細則を定める。

名  称

第2条 本機関は昭島つつじが丘ハイツ北住宅団地管理組合選挙管理委員会( 以下「選挙管理

   委員会」という)と称する。

目  的

第3条 選挙管理委員会は本組合役員の選出に関する事務を管理する。

  2 議決権行使書、投票等に関し公平な立場の第三者として員数を確認する。

  3 総会における員数を確認し議長に報告する。

委  員

第4条 選挙管理委員会は組合員の中から公募に応じた者および号棟会が推薦し理事会および

   理事長の委嘱する5名以上、14名以内の委員をもって構成し、委員長、副委員長を互

   選する。

  2 現役員は選挙管理委員となることができない。

任  期

第5条 選挙管理委員の任期はー年とし10月1日から翌年の9月30日までとする。

委員会

第6条 選挙管理委員会は委員長が必要のつど招集する。

業  務

第7条 選挙管理委員会は第3条の目的を達成するため理事会から要請があった場合は、その

   業務を行う。

  2 組合役員の選挙は役員の任期が終わる日の前90日以内に行わなければならない。

  3 選挙管理委員会は選挙を行う7日以上前に立候補受付期間、立候補者の告示期間、投票

   期間、開票日時を告示しなければならない。

  4 選挙管理委員会は組合役員選出後、ただちにその結果を告示するとともに理事会に報

   告しなければならない。

組合役員

第8条 組合役員の選出は選挙管理委員会が行う。

  2 組合役員は現に登記名義を有する居住組合員でなければならない。

  3 組合役員は原則として立候補による選挙で選出する。

  4 立候補者は選挙管理委員会の定める書面をもって選挙管理委員会に立候補届出をしなけ

   ればならない。

  5 理事14名は1棟につき1名とする。

  6 立候補者が定数以下の場合には、当選人と決定することができる。

  7 理事は1棟につき2人以上の立候補があった場合、その号棟の組合員による投票で決定

   する。

  8 監事は3名以上の立候補があった場合、全組合員による投票で決定する。

  9 理事は立候補受付期間に立候補がない場合、号棟会から推薦を受けた者を選出するこ

   とができる。

  10監事は立候補受付期間に立候補がない場合、理事会から推薦を受けた者を選出するこ

   とができる。

報  酬

第9条 選挙管理委員は総会の決議を得たときは、組合からその職務に対する報酬を受けるこ

  とができる。

経  費

第10条 選挙管理委員会の運営に必要な経費は、組合が負担する。

細則の改正

第11条 本細則の改正等は理事会の提案により総会において決定する。

 

附  則

   本細則は、平成2年5月28日より施行する。

附  則

   本細則は、平成3年6月10日より施行する。

附  則

   本細則は、1993年5月31日より施行する。

附  則

   本細則は、1994年5月30日から施行する。