歴 史

 古くから昭島に住んでいる人の話しでは,「北住宅団地」ができる以前,ここはゴルフ場だったそうです.そんな場所に,1982年(昭和57年)3月,北住宅団地としての,最初の入居が始まりました.第一次分譲直後は,経済環境の低迷のため数世帯しか入居者がいない棟もあり、「過疎団地」などと呼ぶ人もいたそうです.その後,5回の募集が行われました.現在では,1397世帯,約4000人が暮らす昭島随一の大規模団地となり、快適な生活環境を実現しています.

つつじが丘ハイツ北住宅のあゆみ

西暦 昭和
平成
で き ご と
1954 29 5 昭島市誕生(昭和町と拝島村が合併:東京都の7番目の市)
1959 34 4 拝島駅から東京駅直通が開通
1961 36 8 多摩川でクジラの化石を発掘(あきしまクジラ)
1968 43 5 西武拝島線が開通
1974 49 5 市制施行20周年。市民憲章、市の木(もくせい)市の花(つつじ)が決まる
1981 56 3 つつじが丘ハイツ(南)入居開始
    4 つつじが丘南小学校、瑞雲中学校開校
1982 57 3 「つつじが丘ハイツ北住宅」入居開始
    4 昭島つつじが丘ハイツ北住宅団地管理組合が結成
    4 つつじが丘北小学校開校
    6 広報「アゼリア」創刊
    7 市民会館、公民館が開館
1983 58 2 奥多摩バイパスが全線開通
    6 昭島駅の橋上駅舎完成、北口整備完成
    10 昭和記念公園が一部開園
1984 59 3 立川消防署大神出張所開設(つつじが丘)
    4 モリタウン、エスパ開店
    10 つつじが丘ハイツ北住宅第一回大運動会開催
1985 60 6 昭和記念公園にレインボープール完成
1986 61 3 昭島駅南口広場の整備完成
1987 62 5 朝日町踏切の青梅線立体交差が完成
    12 つつじが丘ハイツ北住宅全戸入居完了
1988 63 12 「青梅特快」運転開始
1990 2 12 つつじが丘学童クラブ開設
1991 3 6 全体共有部の修繕積立てを開始
    11 BS用共同アンテナを設置
1992 4 4 つつじが丘公園に新幹線図書館が開館
    4 空き瓶分別回収を開始
1993 5 3 機械式駐車場が竣工
1994 6 4 資源ゴミ収集の開始
1996 8 3 八高線が電化
    4 エレベータに自動通報装置を設置
    10 昭島警察署の新庁舎完成(工事中、インドアテニスの横に仮庁舎)
    12 全棟の外壁再塗装工事完了
1997 9 2 集合ポストを取り替え
    5 アゼリア自治会発足
    5 昭島市役所新庁舎が完成
    9 リサイクルボードを設置(16号棟前)
    10 市外局番が0425から042へ
1998 10 7 「アゼリア自治会」ニュース創刊号発行
      11 フォレストイン昭和館がオープン
    11 防災訓練でヘリコプターによる救出訓練を実施
    12 昭島消防署が新設
1999 11 2 ホームページ「アゼリアネットワーク」を開設
      6 全エレベータに防犯カメラを設置
      9 非常用発電機を分解整備
    12 全棟の階段に手すりを設置
2000 12  3 15、18、21号棟周辺に駐輪場増設 
    6 「つつじが丘北シニアクラブ」が発足
    8 来客用駐車場自動管理システム完成
    9 第1回「りさいくるBOOKs」を開催
       12 住居棟屋上の防水改修工事が竣工 
    12 17、22号棟周辺の駐輪場増設改修工事
2001 13   8  マンション管理適正化法施行
        11 機械式駐車場再塗装工事
       12 20、21号棟周辺の駐輪場改修工事
      23号棟南緑地の遊歩道、アプローチライトの整備(20周年記念記念)
      12 ごみの収集方法を変更(7分別化への対応)
    修繕積立金の保全のため住宅金融公庫「マンション修繕債権」を購入
2002 14 管理組合創立20周年記念行事
    4 昭島市のゴミ収集が有料化
    8 「長期修繕計画委員会」発足
    8 修繕積立金などの保全のために国債を購入
    11 14,24,25号棟周辺の駐輪場改修
      A,B,E,H駐車場再舗装
        ごみハウス、防災倉庫の設置
      機械式駐車場の排水ポンプ交換
      団地内花壇の整備
    11 「消防計画」を改訂
    12 プレイシア建設に伴うテレビ受信障害対策完了
2003  15 ジャスコ昭島店オープン
       連結送水管ホース(108本)を全面交換
       全棟の号棟番号、住所表示を更新
       F,G駐車場の再舗装
      エレベータ内に手すりを設置
      12、13、16、17、18、19、21、23号棟周辺の駐輪場改修
2004  16 2 いきいき楽習協議会が発足
    3 長期修繕計画委員会から「長期修繕計画」が答申
    5 昭島市市制施行50周年
    9 C,D駐車場の再舗装
    10 全戸モニター付きドアホンに交換
    10 ベランダ出入り部サッシの戸車交換
    10 モリタウン東館・改装オープン
    11 主要鉄部、階段の再塗装
    11 カインズホームオープン
    12 保存図面の電子化
 2005 17  7 屋上防水保護塗料の塗替え 
      8 ピロティに防犯カメラを設置 
    8 Bフレッツ(100M)の利用開始
       8 TV共聴機器の調整(地上デジタル放送対応) 
       8 ごみ置場屋根の再塗装 
2006 18 3 MOVIX昭島オープン
       
       
       
       

(昭島市45周年記念要覧1999を参考)



 「アゼリア創刊号」から一部を復刻しました

 つつじが丘ハイツが分譲されたころの団地周辺の環境、管理組合の理事の皆さんの奮闘、入居者の皆さんの状況など、当時(昭和57年:1982年)の様子が目に浮かぶようです。
 分譲時から入居されている方にとっては、若かった?当時を懐かしく思い出されることでしょう。また、最近転居されてきた方にとっては、分譲当時の団地や周辺環境がうかがえるのではないでしょうか。

(お願い:分譲初期のころの団地や昭島駅周辺を撮った写真をお持ちの方はいませんか? このホームページに掲載させていただきたいと思いますので、メールでご連絡ください。)


(アゼリア創刊号から)

ごあいさつ

 静かな、すばらしい団地ですね。いかがお過しですか。北側は緑濃いゴルフ場、東側は瑞雲中学校、北小学校、そして西側はアスレチックの森やテニス場があり、すばらしい環境です。

 来年以降、つつじが丘はもっと便利になるときいています。中神駅と昭島駅の中間、南小学校の横に踏切があります。あそこは大改造されるそうで、道路が拡幅され、線路の下をくぐる立体交差になるので、いやな渋滞もなくなるんじゃないかと期待されます。

 文字通り西部の原野みたいな西武立川駅も一変するはずです。現在西武が大がかりな分譲住宅(高層一千戸)の計画を進めつつあり、これが完成すればバス路線もこちらへ伸びて、団地経由昭島駅北口行となります。

 昭島駅北口の開発はもう時間の問題らしいですね。団地からの都市計画道路はすでにできあがっており、あとは駅前の開発を待つばかりで、ここには有名店九〇店舗が誘致され、イトーヨーカ堂も一店舗増設するそうです。三井銀行もここに移転する予定ですから、昭島駅の団地側の風景は今とはまるで変わってしまうでしょう。

 もっとも、あまり調子に乗ってもいけません。自転車置場の狭さ、学童クラブの不在、子供会やサークル活動が皆無なことなど、これから解決しなければならない問題がいっぱいあります。この団地はもう公団のものではなく、皆さんのものですから、お互い手をとりあって、頑張ってゆきましよう。

 昭和五七年六月    昭島つつじが丘北管理組合  理事長 

 

 つつじが丘ハイツでは私達が「管理人」です

 住宅管理組合へのご理解をいただきたいと思います。つつじが丘ハイツ(第二次)には「管理組合」があり、「理事会」によって運営されています。この理事会は組合員、つまり皆さんの代表(理事)によって構成されており、「公団」とは関係ありません。公団は売主であり、売却後の運営は住民に移されてしまうからです。管理事務所にこんな方がお見えになります。
 「公団へ払う割賦金をもってきたので、受け取って下さい」
これはできない相談です。

 創立総会にご出席下さった方はおわかりいただけると思います。しかしその後入居なさった方の中にはこの辺が、まだピンとこないと首をかしげる方もいらっしゃるでしょう。

 理事会が六時間も

 私達の理事会はすでに三回開かれました。理事といっても皆さんとなんら変りはありません。住宅選定会の日に、たまたま管理組合の世話人にまつり上げられ、自動的に理事にさせられた者ばかりです。理事は現在五名、これに正副理事長二名、監事一名ですから合計八名です。理事長をのぞいて、みな三十歳台の職場では中堅どころ。各理事の職業は、学校の先生、紙会社の営業マンなど多種多様です。

 理事会は三回開いたと書きましたが、これがドタバタでした。理事は、こと自分の商売では働き盛りでも、なにせ「住宅管理」などはまったくの素人。第一回目の理事会などは、午後一時にはじまって休みなしでたっぷり六時間かかり、おわったときはさすがにげんなりしました。

 
お知恵をかして下さい

 どうか皆さん、どんどん声をかけていただきたい。手を貸していただきたいと存じます。組合役員の行動はどうしても後手になります。最近ひん発する非常ベルのいたずらや張り紙の無秩序な張り方などは問題が発生してから、その所在を知らされ、それでは対策をということになります。

「自分たちの手で管理をしている」ことを認識していただきたい。管理組合規約の中にある評議会委員にはどなたも、いずれ一回はなっていただき、住宅管理とはどんなものか知っていただきたいと思います。